パナソニック名誉会長 松下正治さんが死去。

Sponsored Link



パナソニック名誉会長である、松下正治(まつしたまさはる)さんが、
99歳で亡くなったとの報道が出ました。

死因は老衰だそうです。

松下正治さんは、経営の神様といわれた、松下幸之助さんの娘婿です。

松下電器時代の2代目社長として就任し、
その経営手腕を発揮し、大企業に躍進させました。
詳しい経歴を紹介しますと、
松下正治さんが松下電器に入社したのは、1940年の5月。

7年後に取締役になり、1961年に社長職に就きます。
経営の神様、松下幸之助さんの後釜ということで、
かなりのプレッシャーがあったと思いますが、
ものすごい活躍ぶりでしたね。

その功績が認められ、
2000年に、パナソニック名誉会長となりました。

松下正治さんは、松下幸之助さんの直接的な子供ではありません。
先ほども娘婿と紹介したとおり、
松下幸之助さんの、長女の婿さんなんですね。

松下正治さんの父親は、
平田栄二さんという方らしく、
東京美大の教授を務めていたとのこと。
画家としても活躍してたみたいですね。

おじいさんは平田東助さんといい、
政治家のお偉いさん(内務大臣)だったとか。

結構良いところの育ちなんですね。

正治さんには息子さんが2人います。
正幸さんと、弘幸さんといいます。

長男の正幸さんは、現在、
パナソニックの副会長を務めていますね。

次男の弘幸さんは、元レーサーで、
現在は実業家だとか。
やはり実業家の家系なんでしょうね。

松下正治さんのご冥福をお祈りいたします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ