死んだ男の子が生き返った!「解明できない」

Sponsored Link



死者蘇生、この言葉を現実で使うことはあまりないですよね。
ゲームの世界ではアイテム1個だったり、
教会でお金を払ってだったりで簡単にできたりするけど。

あるいは某映画の動く死体を連想するかも…

さて、そんなフィクションではありがちだけど、
現実ではあり得ない、故人が生き返るという現象が、
南米ブラジルで起こったと言うのです。

ブラジル北部の病院に、肺炎のため治療を受けていた男の子がいました。
男の年齢は2歳。名前はケルビン君。

しかし残念なことに、治療の甲斐なくケルビン君は亡くなったそうです。
2歳って……あまりにもはやすぎる。
ご家族の悲しみは計り知れないでしょう。

死亡が確認され、葬儀をあと1時間後に控えていたそのときでした!

突然棺からケルビン君が起き上がり、
横にいた父親に、水を飲んでも良いか尋ねたらしく、
周りにいた人たちからも、驚きと喜びの声が上がったとのこと。

信じられます??
亡くなった子が、起き上がって喋ったんですよ?
「水飲んでもいい?」って…。

やばいですよね。

でも、喜びは一瞬で過ぎ去ってしまいます。
彼は水を飲むこともできずに再び倒れ、
その後、もう2度と目を開けることは無かったそうです。 

この後、すぐに病院へ駆け込み、
もう一度診てくれるように頼んだそうですが、
15分の診断の結果、医師の答えは
「すでに亡くなっている人の治療は不可能」
さらに、「一瞬でも生き返った事に対する説明も出来ない」とのこと。

父親は、この医師たちが、男の子が死亡しているものと決め付けて、
まともに見てくれなかったせいで息子の命は救えなかった、
職務怠慢で起きた医療事故だと、この事件を追及していくつもりのようです。

それにしても信じがたい事件ですね。
こういうことってあるんでしょうか??
本当に生き返ってくれたら良かったんですが…。

亡くなった男の子のご冥福をお祈りいたします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:驚愕のニュース

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ