となりのトトロの都市伝説「狭山事件」が怖すぎる…

Sponsored Link



となりのトトロ都市伝説「狭山事件」をご存知ですか?

今回は、誰もが一度は見たことがあるのでは?
と思われるほどの人気ジブリアニメ「となりのトトロ」の、
都市伝説について書いていきたいと思います。

まず、となりのトトロのストーリーですが、
田舎町に引っ越してきた一家の子供たちが、
森の妖精?のトトロと出会い、交流していく姿を描く、
実に心温まる優しいストーリーですね。

ですが、実は一方で、となりのトトロには、
この優しいストーリーとは似ても似つかない恐ろしい解釈が存在します。

トトロのもう1つの解釈。
それは…となりのトトロは、
「狭山事件(さやまじけん)」をモチーフにしているというものです。

狭山事件とは何かですが、
1963年の5月に発生した強姦殺人事件です。

ある姉妹の高校生の女の子が行方不明になり、
数日後に遺体となって発見されました。

一応犯人は逮捕されたものの、
この狭山事件に関しては、少し捜査過程等でもおかしなところがあり、
もしかしたら冤罪事件ではないのか?と今でも言われている事件です。

なぜこんな恐ろしい狭山事件が、
となりのトトロと結び付けられるようになったのか?

それは複数の共通点からだそうです。

共通点1

主人公の名前が事件が起こった月を表している。
狭山事件が起こったのは「5月」でした。

トトロの主人公の名前は、
「さつき(五月)」「メイ(MAY)」と、
どちらも5月を表してます。

共通点2

となりのトトロの舞台となっている場所が、
狭山事件が起きた場所のすぐ隣である。

トトロの舞台は「埼玉県所沢市」で、
狭山事件は埼玉県狭山市」で隣り合わせなのです。

さらに、さつきのお母さんが入院していた病院ですが、
狭山に存在していたとのことらしい。

共通点3

狭山事件の被害者である女子高校生には、
お姉さんがいたらしいのですが、
妹が行方不明になった後、必死に探していたようです。

これは「トトロ」の劇中で、
さつきがメイを探している様子と重ねられます。

さらに、このお姉さんですが、
妹が行方不明で錯乱していたのか、
森の中で「大きな猫のオバケを見た」、
さらには、「たぬきの化け物を見た」
などと不思議なことを口にしていたとのことです。

この大きな猫のオバケというのが、
おそらく「猫バス」で、
たぬきの化け物というのが、
「トトロ」ではないか?と言われています。

以上の共通点から、
となりのトトロ狭山事件を表しているのではないか?
都市伝説として噂されるようになったわけです。

まぁあくまでも噂で、真相はどうなのかというと、
スタジオジブリ自体が全くそんな事実はない!
と否定したらしいので、違うのでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ