高田文夫の病状は?無事退院で年内復帰か?

Sponsored Link



放送作家でタレントの高田文夫さん(64)が、
10日に都内の病院を退院していたことがわかりました。

高田文夫さんは3ヶ月前の4月11日、体調不良を訴え精密検査を受けたそうです。

その診断結果は不整脈からくる心肺機能の疾患だという事でした。
その後、治療に専念するために活動を休止して都内の病院に入院されていたのですが、
病状が改善したのか、今月4日に一時帰宅をし、10日には無事退院となりました。

入院中、6月15日には書面で「年内には復帰できるだろう」と、
コメントしていましたが、
退院した現在は復帰に向けて自宅で静養しつつ、リハビリも怠っていないそうです。

テレビや雑誌などで情報収集にも励んでおり、
復帰に向けての意気込みが感じられます。

関係者の話によると、会話も問題なくできるという事なので、
年内の復帰もかないそうですね。

高田さんの退院が明らかとなったのは、高田さんの番組であるニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月〜金曜前11:30)の生放送での事。

高田さんの代役として水曜パーソナリティーを務めている、
落語家の春風亭昇太さん(52)が、番組中に朗報を伝えてくれました。

退院後は自宅で静養されるという事も伝えられ、
「だんだん元気になっているようだ」と春風亭昇太さんも喜んでいました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ