吉岡秀隆と内田有紀の結婚式って…

Sponsored Link



俳優の吉岡秀隆さんは多作ではありませんが、出演作品に恵まれる印象があります。

だから出演作をじっくり選ぶのが伝わり、どれも良質な作品に出演することからも、吉岡秀隆さんを好きな俳優に挙げる人は多いでしょう!

もちろん吉岡秀隆さんの代表作はドラマなら「北の国から」の黒板純役、そして「Dr.コトー診療所」シリーズ。

映画なら「男はつらいよ」シリーズで諏訪満男役、
さくらの息子ですから、寅さんの甥っ子という設定です。

また近年では映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、
やはり出演作を並べていくと次々と思いつきますよね~

しかも吉岡秀隆さんは子役から大人の俳優へと上手に脱皮する、
数少ない成功例では?

そんな吉岡秀隆さんの新作ドラマ「猫弁」シリーズ第2弾は、
4月22日に放送されます。

なんといっても裏番組は強敵「ガリレオ」の放送ですから、
やはり吉岡秀隆さんクラスを引っ張り出さないと対抗するのは難しいかも!

吉岡秀隆さんは猫弁こと百瀬太郎役、
ペット専門の弁護士というのもユニークなハートフルミステリー。

そんな吉岡秀隆さんは私生活がまったく伝わらない俳優の1人ですが、
女優の内田有紀さんと「北の国から2002遺言」の共演がきっかけで、
02年12月7日に結婚しました。

当時は大人気ドラマの舞台となる北海道の富良野にて、
ロマンチックな結婚式となる模様は大きな反響がありました。

吉岡秀隆さんは美しい純白の雪景色の中、
内田有紀さんにウエディングドレスを着せたいとの想いから、
まるでドラマのような富良野での結婚式が実現!

その吉岡秀隆さんのアイデアに、
富良野在住の「北の国から」脚本の倉本聰さんが全面協力。

冬季は休業中となる富良野プリンスホテルを特別オープンさせ、
そこが結婚式場になりました。

ホテルのプールに橋のようなバージンロードを架け、
白いチャペルも特別に用意して、幻想的で素敵な結婚式でしたけどね~

しかし結婚4年目に入って間もない、05年12月21日に離婚。

吉岡秀隆さんの仕事は順調で多忙な日々、
内田有紀さんは孤独に耐えられずに関係悪化へ。

内田有紀さんは結婚を機に芸能界を引退しましたが、離婚により復帰。

ところで吉岡秀隆さん、「自由の森学園高校」出身なんですね~

つい最近こちらで再放送になった12年3月の回、
めちゃイケ「史上最強 日本一ケンカの強い男子校」の出来事。

タレントのユージさんの出身校として「自由の森学園高校」が紹介され、
学校名が気に入ったのか、ナインティナイン岡村隆史さんはイジり倒してました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ