ロンドンオリンピック 日本代表 体操

Sponsored Link



今回はロンドンオリンピック、日本代表の体操選手についてです。
体操競技といえば、ロンドンオリンピックに日本代表選手として出場する、
内村航平選手は数多くの人が知っていることでしょう。

けれども、名前が有名な選手だけ応援するよりもいろんな選手をしたほうが、
競技を見るときに楽しさも倍増するはずです。

では、体操競技の日本代表選手を紹介しておきましょう。

【男子】内村 航平選手(23)、田中 和仁選手(27)、山室 光史選手(23)、
    田中 佑典選手(22)、加藤 凌平選手(18)

【女子】田中 理恵選手(25)、美濃部 ゆう選手(22)、寺本 明日香選手(16)、
    鶴見 虹子(19)、新竹 優子(21)

日本体育大学出身など、スポーツで有名な学校で育った選手も多く、
選手が20代前半と比較的若い選手が多いですね。

最年少では16歳の若さでオリンピックに出場する選手もいて驚きです。

どうしても自分と同じ出身な選手がテレビに出ると自然と応援してしまいたくなるのですが、
きっと私だけではないはずです。

同じ年齢や出身、大学など共通な箇所を見つけたりするのも
優勝した時の喜びがさらに大きいかもしれませんよ。

また、生い立ちやこれまでの経緯をテレビでは演出してくれますから
自然と感情移入できちゃいます。

イケメンだから、かわいいから応援する、という人もいるでしょうが
まぁそれもそれでありでしょう(笑)

プレーよりも容姿に目が行ってしまうことから
ファンになることなんて珍しいことではないですしね。

体操と一言でいっても、種目が細かく分かれてきます。
団体戦や、個人はわかりますが、調べてみると、

ゆか、跳馬、あん馬、平行棒、鉄棒、
段違い平行棒、平均台など多くの種目がありました。

名前だけ聞いてもよくわからないものもあるも
競技をみれば「あーそれかぁ」という風に放送中に私もなってしまいそうですが。

選手の名前を一人でも多く知ってオリンピックを楽しみましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ