佐藤亜有子さんの死因「急性薬物中毒」とは?

Sponsored Link



作家の佐藤亜有子さんが亡くなったとの訃報が流れてきました。

佐藤亜有子さんと言えば、
芥川賞候補になった作品「葡萄」などで有名な作家さんですね。

彼女はまだ43歳という年齢ですが、
なぜ亡くなってしまったのでしょうか?

佐藤亜有子さんの死因は何だったのでしょう?

43歳での急去ということで、
ニュースを受けてファンは騒然となっております。

ニュースの内容によると、
佐藤亜有子さんの死因は「急性薬物中毒」とのことです。

お薬と薬物を併用したことにより、
急性薬物中毒を引き起こしたとのことです。

この急性薬物中毒とはどんな症状でしょうか?

この急性薬物中毒とは、
事故や故意に体内に有毒な物質を取り入れてしまうことで、
身体に以上をきたす症状のことのようです。

大量に睡眠薬を飲んだり、
事故で農薬が口から体に入ったりなど、
とにかく体内に毒が入りこんでしまうことですね。

今回の佐藤亜有子さんの場合は、
お薬(睡眠薬)とアルコールの併用によって、
この症状が引き起こされて、
それが残念なことに死因になってしまったようです。

やはり、お薬を飲むときには、注意が必要ですね。

素晴らしい作家さんが一人いなくなってしまい、
本当に残念でなりませんね。

佐藤亜有子さんの作品をまだ読んだことがない人は、
ぜひとも読んでみてください。

深いメッセージに何かを感じると思います。

今まで彼女が書いた作品は、

文藝賞優秀作の「ボディレンタル」、
芥川賞候補になった「葡萄」
少々ショッキングな内容ですが、
自身の経験を綴った「花々の墓標」。

どれも独特の雰囲気のある、
メッセージ性の強い作品になっております。

彼女の次回作を楽しみにしていた人も多く、
本当に今回の訃報は残念です…。

佐藤亜有子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ