オスカーピストリウスの名言(母の言葉)【画像&動画】

Sponsored Link



オスカーピストリウスという男性をご存知でしょうか?

名前だけ言われてもわからないかもしれませんが、ロンドンオリンピックに義足で出場したランナーということでかなりの注目をあつめた方です。

当サイトでも以前にオスカーピストリウスさんのロンドンのことを記事に書いています。

オスカーピストリウスさんは義足で初めてオリンピックに出場するという、
とんでもない偉業をなしとげました。

彼はパラリンピックにも出場し、
圧倒的な走りを見せ、見事世界記録をたたき出しました。

人々は、彼の偉業に感動しただけでなく、
彼の残した名言にも感動しました。

オスカーピストリウスさんの名言とは、彼の母の言葉です。

「母は僕たち兄弟に朝いつもこう言っていた。
『カール、靴を履いて。オスカー、義足を着けなさい』と。
 だから自分に障害があるとは思わずに育った。
 違う靴を履くだけだと思って育ったんだ」

とても素敵な言葉ですね…。

この母の言葉のおかげで、
彼は素晴らしい偉業をなしとげることができたのでしょう。

ちなみに彼の実際に走っている動画はこちらです。

とても速くて、本当に義足ランナーとは思えないですよね。

彼の走りをみて勇気づけられた人はたくさんいるでしょう。
彼は走り終えたあとにも、こんなすてきな名言を残しています。

「敗者とは1番最後にゴールする人のことではない。
初めから出場することをあきらめている人のことを言うんだよ。」」

本当に頑張ったオスカーピストリウスさんらしい、
素晴らしいセリフですね。

やはり人は、本気でやれば越えられない壁はないのでしょう。

普通の人よりも困難な状況にも負けずに、
素晴らしい活躍をした人たちを見ると、
とても自分が小さく感じて情けなくなると同時に、
本当に勇気をもらえますよね。

ロンドンオリンピックに彼が出場しているのを知って、
実際に走りを見て、私はものすごく感動し、勇気をもらいました。

さて、ロンドンオリンピックが終わり、
すでに結構な時間が経っているにも関わらず、
このことを現在(2013年2月)記事にしているのには理由があります。

ここではその理由は書きませんが、
どんなに困難で辛い状況でも、それにはかならず意味があり、
本人にとって乗り越えられないことはない、
というのを私はオスカーピストリウスさんから学びました。

彼にもこれからさらなる試練が訪れると思います。

彼の今後がどうなるのかはわかりませんが、
少なからず人生をしっかりと歩んでほしいとのメッセージを込め、
記事を執筆いたしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スポーツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ