鈴木杏樹の夫の病名(肝臓の疾患)や過去。

Sponsored Link



鈴木杏樹さんは女優を中心に活躍しますが、司会業もこなします。

老舗のような風格が漂う音楽番組「ミュージックフェア」は95年から務め、歴代司会者でも最長になるとか!

そういえば恵俊彰さんと鈴木杏樹さんは二人で、ずいぶん長らく続いているので無意識で見ていましたが、もうそんなに以前から続いているんですね~

それから今はなんといっても大人気ドラマシリーズ「相棒」にも、
レギュラー出演中になります。

そして鈴木杏樹さんは日本テレビ系の朝の番組「ZIP!」も、
金曜日メインパーソナリティーを11年から務めます。

そんな鈴木杏樹さんの夫となる、
駿河台日大病院外科部長の山形基夫さんの訃報には、
驚いた人は多いでしょう。

あまり鈴木杏樹さんは家庭の話題をされるイメージがありませんでしたが、
98年6月に結婚して、おしどり夫婦として知られていました。

だから14年もの長い間、
人生において連れ添った夫を亡くされたとは残念なことです・・・

しかも鈴木杏樹さんの夫の訃報が一般にも報じられたのは、
司会を務める「ZIP!」が放送終了後の間もなくだったと記憶します。

鈴木杏樹さんの元へ訃報が届いたのも「ZIP!」の放送中との情報があり、
生放送のことから、本人にすぐ伝えられたのかも分かりません。

そして放送終了後に急きょ渡米して、
米ボストン近郊にある病院に眠る夫と無言の対面となったそうです。

享年56歳の若さで肝臓疾患により急逝とされることから、
死因となる病名を検索する人が多い模様ですが、
具体的な病名などは発表されていないみたいですが、
肝臓の移植が必要なほど深刻な病状というのも一部で伝わります。

鈴木杏樹さんの夫は自らも医師であり、
二人の出会いも鈴木杏樹さんが腸閉塞を患った際、
手術の担当医だったとか。

その後、鈴木杏樹さんが退院してからも交流が続き、
結婚に至るのが経緯になるそうです、

だから鈴木杏樹さんの夫は、
大学病院の外科部長として治療や手術を精力的にこなし、
ガン治療の権威としても名医で知られ、多忙な医師生活を送った様子です。

それが数年前から自らも病を患い、
一刻も早い現場復帰を願い、治療に渡米していました。

しかし入院先で、手術を目前に容体が急変したそうです。

そして翌週8日放送の「ZIP!」に鈴木杏樹さんは登場しましたが、
7日に帰国したそうで、番組中も気丈にふるまいました。

13日午後6時から通夜、
翌14日正午から告別式が東京の築地本願寺で営まれます。
鈴木杏樹さんが喪主を務められるそうです。

改めて、故人のご冥福をお祈りします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ