逸見太郎の月収が笑えないレベル…降板の影響?

Sponsored Link



逸見太郎さんは、現在タレントを中心に活躍します。

名前からも分かるように、フジテレビアナウンサーからフリーに転向して大成功を収めた、故・逸見政孝さんの長男になります。

もし逸見太郎さんをテレビで見るとすれば、父親の逸見政孝さんについてか、10年に亡くなられた母親であり、エッセイストとして活躍された逸見晴恵さんを偲ぶ内容が多いでしょう。

8日放送でもTBS系「爆報!THE フライデー」にて、
2世タレントの苦悩を激白SPということで出演します。

偉大なる両親のDNAを受け継ぐ逸見太郎さんですが、
どうも番組出演時はドラ息子的な扱いが多い印象です。

どうしてこうなるのかといえば、
やはり東京のローカル局となるTOKYO MXで放送される名物番組
「5時に夢中!」が大きく影響するでしょうね!

この「5時に夢中!」は全国区で知られない存在かもしれませんが、
夕方に帯で生放送されることで東京など関東では有名になり、
嵐の二宮和也さんも好きな番組だとか。

なんといってもマツコ・デラックスさんとミッツ・マングローブさんを始め、
この番組から数々の逸材を輩出し、他にもタレントの再生機会に一役買います。

逸見太郎さんは名物番組「5時に夢中!」の5代目メインMCを、
09年1月から12年3月末まで務めました。

歴代MCの中でも最長の就任期間になり、
他にもTOKYO MXの番組司会を並行して、
一時はTOKYO MXの顔というくらい逸見太郎さんを見掛けました。

しかし司会を務めたTOKYO MXの番組もすべて終了したことから、
逸見太郎さんは未だに「5時に夢中!」を降板という評判が、
視聴者には残る模様です。

ただ「5時に夢中!」の番組内でも、
逸見太郎さんは契約満了で卒業したことを何度も伝えているのですけどね~

そして現在、深夜番組「有吉ジャポン」に、
逸見太郎さんはレギュラー出演します。

番組内では最近の月収2万8千円という驚愕の告白により、
ますます降板では?と見る人が絶えないようです。

それでも逸見太郎さんは、
都内の超~高級住宅街で豪邸暮らしをするセレブ、
ただ月収が少ないのは確かの様子。

デビューも留学から帰国した98年のこと、
父親と縁の深い関係から北野武監督の映画「HANA-BI」にて、
俳優からのスタートが芸能界入りになります。

どうやら逸見太郎さんとしては、
俳優業をメインに活動したいのが本音なのでしょうか?

そして逸見太郎さんの後任としては、
現在「5時に夢中!」は芸人のふかわりょうさんが月曜から木曜を担当、
メインMCを頑張っていますよ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ