テッド「映画」吹き替えの声優効果がすごい?

Sponsored Link



人気芸人の有吉弘行さんが吹き替えを担当したことで、すっかり有名になった映画「テッド」について、映画界では珍現象と例えられる大ヒットを記録するとか!

もしかして映画界的に、「テッド」は有吉弘行さんが吹き替えなら、そこそこ話題になりヒットするだろうくらいの前評判でしょうか?

でも本場のアメリカ公開においても大ヒットは予想外らしく、すでに続編の噂が流れるそうな。

映画「テッド」は、日本では1月18日公開。
R15指定に関わらず、なんと、
その週末2日間の興行ランキングではトップを飾りました。

次いで、日本を代表する巨匠・山田洋次監督の「東京家族」とはビックリ~

この「東京家族」も、あの小津安二郎監督による不朽の名作
「東京物語」のリメイクですから、上質な映画であろうと予感します!

しかも出演者は橋爪功さん、吉行和子さん、夏川結衣さん、
妻夫木聡さん、蒼井優さん。

もう豪華な俳優が勢ぞろい、
個人的にも大好きな演者ばかりじゃないですか~

この顔ぶれを知ってしまうと、
「テッド」が興行ランキングのトップへ躍り出るとは、
さすがに珍現象とされても納得します。

しかも「テッド」の方がスクリーン数は少ないらしく、
これは凄まじい動員数だと伝わりますよね!

「テッド」の大成功の要因は、
PRの絶妙なキャスティングだったのでは?

ぬいぐるみのテッドの吹き替えに有吉弘行さんが選ばれただけでも、
これはヤラれた~と思いましたから。

実際に映画に登場するテッドは、
と~っても可愛いルックスのテディベアながら、
とんでもないエロオヤジな性格というのもそそられ、
まさに有吉弘行さんの起用はピッタリ!

その上に公開直前CMからベスト・ガールフレンド役として、
これまた大人気のローラさんが出演と、
注目を集める2人のキャスティングはグッドアイデア~

そして試写会イベントは、贅沢にも人気者2人の登場となりました。

有吉弘行さんとローラさんがゲストとは、
15歳から19歳の女性限定とされましたが、
きっと多くの女性が行きたい!と思ったはずッ!

そういえば、この会見時にローラさん、今年は恋する宣言しました。

だから隣にいた有吉弘行さんを勧められ、
「来週あたり考えてみる」といつものテキトーコメント。

そして翌週ですが、心境はいかがでしょう?
もし有吉弘行さんとローラさんに熱愛なんて素敵な進展があれば、
個人的には全力で応援します!

とにかく「テッド」の観客層は10代後半から20代女性を中心に、
しかも有吉弘行さんの吹き替え版の稼働率が高いそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ