小池栄子の演技ってさ…

Sponsored Link



いよいよ各局ドラマは、スタートシーズンを迎えます。

1月15日から始まるフジテレビ系の連続ドラマ「ラストホープ」は、人気グループ嵐の相葉雅紀さんが主演を務めます。

今回は医療ドラマに挑戦になり、多部未華子さん、田辺誠一さん、小池栄子さんが共演。

ところで、すっかり小池栄子さんは女優のイメージでしょうか?

小池栄子さんはグラビアアイドルとして活躍し、
バラエティに進出して世間的にも知名度が上がり、
そして女優活動へと幅を広げたのが一般的なイメージの気がします。

しかし小池栄子さんは、もともと女優志望で芸能界入りしたらしく、
現在の演技の高評価も納得しますね。

そして小池栄子さんは97年デビューですが、
もっとキャリアがあるような錯覚を起こしてしまうくらい。

それほどブレイク当時から、イメージが変わった気がします。

だけど小池栄子さん自体のキャラなど、そこまで変化してないので、
これは周囲の評価が変わっただけのことかもしれません。

そう考えると、これはスゴイことかも!

まず小池栄子さんのキャリアを振り返ると、
グラビアアイドルとして活躍した頃、
グラマラスなスタイルからもカリスマ的存在でした。

しかも当時、癒し系が大人気でした。

そのなかでも小池栄子さんは威圧系と自称し、
セクシー路線では大活躍でしたよね~

でも小池栄子さんがグラドルを始めたきっかけは、
ドラマオーディションで、
太っているから映像では使えないと宣告されとはビックリ!

小池栄子さんはグラマラスなことからも、
最初はややポッチャリに見えたのかもしれませんね。

でも、ここまでハッキリいわれてしまったことで、
グラビアをやる決心がついたそうな。

しかし小池栄子さんはスカウトされた当時、
どうもスタイルに自信がもてずに、
水着はやらない条件だったとは苦悩が伝わりますね~

そんな紆余曲折を味わいながら、小池栄子さんは最初の志どおりに、
女優の道へと軌道修正した点も尊敬に値しますね!

しかもドラマ出演が続くようになった頃、
ヒール役にも果敢に挑戦してました。

そういう小池栄子さんの潔さは凛々しく、女優として幅が広がったのかも。

今ではすっかり演技派女優としての評価は高く、
だからと小池栄子さんも、
最初からやりたい活動だけを選べたわけでないことが伝わりますね。

主演作が続くのに同じような役どころばかりでは、
あまり視聴者として演技に深みが感じられなくなりがちな印象に陥ります。

そう考えると小池栄子さんは成長過程までもが明確に伝わる、
素敵な女優さんですよね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ