米倉涼子が出演するドラマの視聴率がすごい!

Sponsored Link



米倉涼子さんは現在ドラマに出演すれば、もっとも視聴率が取れる女優といっていいのでは?

とにかく今年のドラマでの快進撃は、米倉涼子さんとテレビ朝日との相性の良さが勝因といわれるほど!

やはり印象に残るのは、10月からスタートした「ドクターX ~外科医・大門未知子~」、もちろん米倉涼子さんが大門未知子役として主演。

その「ドクターX」の最終回は12月13日に放送され、
平均視聴率が24.4%を記録しました。

そして15分拡大されたことにより、
瞬間最高視聴率は番組後半の午後10時1分頃、
29.8%という数字を叩き出しましたからねー!

これは今年の民放ドラマでは最高視聴率となり、「ドクターX」は、
一度も視聴率が17%を下回ることがなかったとは、さすがですね~

そして初回18.6%と好発進をしましたが、
「ドクターX」のすべてを通しても、
平均視聴率は19.1%という記録を残しました。

「ドクターX」は脚本家の中園ミホさんが、
オリジナルストーリーを書き下ろした作品となります。

どうりでドラマの雰囲気が、かつて日本テレビ系で放送された
「ハケンの品格」を思い出させる部分が、
たくさん散りばめられていました。

特にドラマの導入シーンがそっくりで、
「ドクターX」のキャッチコピーを
「スーパードクターは“ハケン”の女。」としたのは納得!

これはヒットドラマの法則を駆使した作品作りが見えた気がしても、
それはまだ序奏だったかもしれません。

その後日となる22日にもテレビ朝日系にて、
米倉涼子さん主演のドラマが放送されました。

こちらは松本清張原作のスペシャルドラマ「熱い空気」、
同じくテレビ朝日系にて市原悦子さんが主演した、
かつての人気ドラマ「家政婦は見た!」シリーズの、
原作を再びドラマ化したという作品になります。

こちらでは一転して、米倉涼子さんは美貌を隠した派遣家政婦役。

バナナマン日村さん風なオカッパのカツラを装着して、
大きな付けボクロに黒縁メガネという、
少々コントのような扮装にも見えるほどのデフォルメ!

それでちょっぴり陰湿な家政婦役を米倉涼子さんが熱演しましたが、
新境地のチャレンジと表現されるのも相応しい感じでしたね。

しかも米倉涼子さんは主演ドラマ「熱い空気」でも、
平均視聴率は18.6%を記録しましたから。

奇しくも「ドクターX」の初回視聴率と同じあたり、
もしかしたら米倉涼子さんの固定視聴率なのかもしれませんね~

まさに2012年の視聴率女王の座は、米倉涼子さんでした!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ