「THE MANZAI 2012」のワイルドカードはどうなる?

Sponsored Link



来る16日は、総選挙だけでなく、THE MANZAI 2012決勝の当日でもあります!

っていうか総選挙より先に、THE MANZAI 2012の日程が決まっていましたからね。

これはファイナリストにせっかく進んだ漫才師としては、きっと舌打ちしたい気分でしょうね~

もしかしたらTHE MANZAI 2012により人生が激変する芸人はいるだろうし、
それに相応しいであろう大舞台ですから!

まだ政治と芸能界という別ジャンルですから、
話題として別々に取り上げられるからイイですけど。

そういえば杉村太蔵さんは、出馬しないのだろうか?

選挙に出ないということは、
杉村太蔵さんはタレントということで活動していくのか?
という風に気になっている方が結構多いみたいですね。

まぁ選挙の話は置いといて、
THE MANZAI 2012はフジテレビ系にて、17時30分から放送です。

しかし、それより一歩先に、
賞レースはスタートしていることをご存知ですか?

それがワイルドカード決定戦になり、
まだ決勝大会のファイナリストは一つだけ空席が残されます。

ここまで進められたTHE MANZAI 2012の本選サーキットのランキング、
12位から20位の漫才師からワイルドカードは選ばれます。

もちろん12位より上位は、自動的に決勝戦進出です。

なので、ワイルドカード決定戦に出場するのは、9組の漫才師。

上位から紹介すると、チーモンチョーチュウ、エルシャラカーニ、囲碁将棋、
エレファントジョン、ウエストランド、スパローズ、Hi-Hi、中川家、ロザン。

ワイルドカード組は注目されるとすれば、
やっぱりTHE MANZAIの顔というべきHi-Hiでしょうか?

しかし事務所後輩になる仲良しのオードリーは、
08年のM-1グランプリにて、敗者復活戦から決勝戦へ進出、
総合では2位の結果となりました。

M-1グランプリは結成10年まで出場資格がありましたから、
もう一度だけ出場可能でしたがオードリーは不参加を選択しました。

そして08年M-1グランプリ優勝者は、NON STYLE。

その後の活躍はやや影が薄く、オードリーのような爆発力は発揮できず、
翌年に挑戦するも3位の結果でした。

これをきっかけに賞レースの優勝者より、
ダークホースが活躍するという流れが、
自然と作られるようになったのではないでしょうか?

オードリーの不参加の判断は、芸人の間では高い評価を得ていました。

大舞台で注目され、その後は一気に大ブレイクしたオードリーは、
さすがに流れを読む力が鋭いと。

確かブラックマヨネーズだったと記憶しますが、
賞レースとの距離の取り方を絶賛していました。

そのオードリーのような手本になる存在を身近に感じながらも、
このHi-Hiの出場はどういう結果に転ぶのか、
来年の活躍を占う大会にもなりそうですね~

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ