要潤の「悪党」での補聴器が話題!

Sponsored Link



要潤さんは名前のインパクトでも、印象に残りやすい俳優ですよね!

演技ももちろん素敵ですが、なかなか要潤さんの上を行く芸名を思い付かないくらい、特に字体で見ると記憶しませんか?

しかも要潤さんって、本名だとそうでなんか驚きですね~!

それから、もう一つ驚きのエピソードですが、
要潤さんは素人の頃スタジオアルタにて、
フジテレビの「笑っていいとも!」の警備員のアルバイト経験があるとか!

そこで当時出演していた所ジョージさんとタモリさんに注目され、
イケメン紹介コーナーに登場したそうですから、
それがきっかけでデビューしたのかもしれませんね。

ということは別に俳優志望ではなかっただろうに、
すっかり今ではバイプレイヤーとして、イイ味の役者さんですよね~

そして最近は出身地の香川県PRに「うどん県」に改名する設定では、
副知事としても要潤さんは大活躍。

もちろん俳優活動も順調、記憶に新しいところでは、
11月30日に放送された、
フジテレビ系スペシャルドラマ「悪党」にも出演。

このドラマはサスペンス作品となり、
主演の滝沢秀明さんは元警官の私立探偵役でした。

要潤さんは悪党役で出演、
滝沢秀明さん演じる役の心の闇を浮き彫りにする重要なポジションです。

しかも要潤さんの演じた、
振り込め詐欺のグループのリーダー坂上という役どころは、
ホントに卑劣な人間性の悪党でしたよ!

恨みを買ったことから襲撃され、身体が不自由になってしまいます。

しかし下半身不随になりながらも、まだ悪事を働くようなヤツで、
老人から騙し取った金で銀座のクラブで豪遊するとは、
イケメンの要潤さんでも許せない役でしたね~

だけど、そのくらいの悪党を演じるに要潤さんはイケメン感を封じ、
坂上の不気味さを見事に表現しました。

とにかく坂上の冷血さを演出するに工夫を凝らし、補聴器を装着。

ドラマを観たファンから坂上が左耳に装着した小道具について、
ツイッターにて質問がありました。

そんな細かなところに気付くなんて、さすが熱心なファンですね~

それに丁寧に要潤さんは回答し、
どうやら補聴器というのは要潤さん自身のアイデアだった様子。

もちろん要潤さんも補聴器イコール不気味というつもりではなく、
襲撃された坂上は下半身不随という重傷を負うわけですから、
頭部にも障害が残るほどの負傷がないのは不自然です。

その後遺症は、
悪党の坂上に強烈な怒りをぶつけた報復行為というストーリーが、
さらに伝わりやすいでしょう!

そのことからもドラマの監督と相談して、
補聴器という演出が採用になった経緯があったそうですよ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ