田中裕二の感染の原因はキス?復帰会見で…

Sponsored Link



爆笑問題の田中裕二さんは、今月13日に、肝機能障害により入院することになり話題になりましたね。

約一週間の絶対安静が必要との診断から、治療に専念することになりました。

そんな田中裕二さんですが、先日22日に仕事復帰会見を行い、まず関係者への謝罪と、詳しい説明がありました。

しかし、まだ退院したわけではなく、
しばらく病室から仕事通いをするそうですよ!

田中裕二さんは現時点でも、扁桃腺が腫れて発声は本調子ではないのだと。

なのでテレビで田中裕二さんを見た視聴者は、
声に違和感を感じるかもしれませんが、そういう事情があるそうです。

それでも熱が下がり、だいぶ体調は楽になったとのこと。
そして医師から来週に退院できたらと、希望的観測を告げられたそうです。

また、病状については、
ウイルス感染から伝染性単核球症と肝機能障害を併発したとのこと。

ただ別名「キス病」といわれ、
会見でもこのことに注目が集まってしまいました。

だいたい経口感染が原因になるとされ、
報道陣からも身に覚えがあるかと追求されましたが、
田中裕二さんは年単位でキスの経験に心当たりがないことを告白するハメに!

しかも田中裕二さんは会見で、扁桃腺の切除手術をすることを発表。

ついでに爆笑問題の相方となる太田光さんまでも、
同日の12月18日に声帯ポリープの手術をすることを明かしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ