草なぎ剛が「任侠ヘルパー」翼彦一の役に特別な思い!

Sponsored Link



SMAPの草なぎ剛さんは、役者として素晴らしいキャリアがありますよね。

数々の秀作を生み出し、今回はフジテレビ系の連続ドラマとして始まった「任侠ヘルパー」シリーズの映画版に主演します。

そして今日17日は、映画公開の初日舞台あいさつに登場。

草なぎ剛さんは、演じる極道者の翼彦一について、
特別な思いのある役柄であることや、誕生秘話まで語りました!

草なぎ剛さんがドラマで初めて主役を務めたのは、
97年4月から放送されたフジテレビ系の連続ドラマ「いいひと。」でした。

それから、もう15年の月日が流れたのですね~

しかもSMAPは、当時から国民的なアイドルグループとして、
最前線を走り続けているとはスゴイことですよね!

その「いいひと。」の役柄というばかりでないのですが、
草なぎ剛さんはすごくいい人だという印象というのは、
今も強く感じられます。

しかし役柄として、今回の翼彦一役において、
草なぎ剛さんの今までにない激しさや、
悪人の部分も表現できたのではないかと。

新しいイメージを描こうと監督と共に作り上げ、
自分にとって大切な役柄になると明かしてくれました!

舞台あいさつは他にも共演者である香川照之さん、
事務所の後輩でもある風間俊介さんを始め、
安田成美さん、夏帆さんなど多くが出演しました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ