氷川きよしの「櫻」が日本有線大賞に!

Sponsored Link



演歌歌手の氷川きよしさんが、今年の日本有線大賞の栄誉に輝いたことが報じられます!

いよいよ、歌謡賞の発表が行われるシーズン。

ただ近年は賞レースが、そこまで加熱しません…がしかし、歌謡賞に輝くのは、名誉なことに変わりはありません。

しかも日本有線大賞は、今年は第45回目を迎える歴史ある栄誉になります。

その年に有線放送にてリクエストが多かった歌手や、ヒット曲を表彰します。

14日に有線音楽優秀賞を受賞した8組から大賞は選ばれ、
氷川きよしさんが受賞しました。

きっと桜色のスパンコール衣装は受賞曲「櫻」に合わせたものでしょうが、
日本有線大賞に相応しい華やかな彩りとなりました!

氷川きよしさんが大賞に選ばれたのは10年以来、
2年ぶりとなりますが、史上最多7回目の大賞とは素晴らしい快挙です。

しかも氷川きよしさんの実力と人気なら、
この結果に多くの国民も満足する声が届いていますね~

そして氷川きよしさんの大恩人となる、芸能界の育ての親の、
長良グループ会長の長良じゅんさんがプロデュースした作品とは、
きっと嬉しさはひとしおでしょう。

長良じゅんさんは、今年5月に不慮の事故による訃報が伝わりました。

当時、氷川きよしさんは憔悴する様子でしたが、
夕べは万感の思いを歌に込め天国へ届けたようです!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ