岡田准一が榮倉奈々をビンタして泣かした!

Sponsored Link



岡田准一さんと榮倉奈々さんは、現在、映画「図書館戦争」で共演中であることが報じられます。

この映画は、有川浩さんの人気小説を実写化する作品です。

8日に制作会見が行われ、映画をイメージして撮影現場近くの常総市立図書館で開催されたそうです!

映画「図書館戦争」は来年4月27日より全国公開の予定、すでに9月29日にクランクイン。

なんと防衛省の陸上や航空自衛隊の協力があり、入間基地を始め、
日本各地の図書館でも撮影しますが、
12月初旬にはクランクアップを予定するとか。

主演はもちろんV6の岡田准一さん、ヒロイン役は榮倉奈々さん。

他にも田中圭さん、福士蒼汰さん、栗山千明さん、石坂浩二さんなど、
豪華な出演者が会見にもそろいました。

原作はアニメ映画化もされたた大人気小説ですが、
近未来となる2019年の日本が舞台となります。

自衛組織「図書隊」の隊員たちの活躍と、
図書隊員の鬼教官となる堂上篤役の岡田准一さんと、
新米隊員の笠原郁役の榮倉奈々さんとの恋愛模様も楽しめます。

しかも作品中に岡田准一さんは、
榮倉奈々さんを平手打ちするシーンを撮影。

親にも平手打ちされたことないという榮倉奈々さんは、
岡田准一さんの平手打の衝撃の大きさに激しく動揺し、
なんと泣いてしまったそうです。

その泣いている姿に、ビンタした岡田准一さんの方も、
かなりの衝撃を受けたそうなので、その前後の二人の表情は見逃せませんね~

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ