鉄拳のパラパラ漫画「振り子」がMUSEのPVに!

Sponsored Link



パラパラ漫画など、絵を使ってネタを披露するスタンスの鉄拳さん。

以前に、某番組企画のために制作した「振り子」ってパラパラ漫画がありましたよね。

あの振り子がなんと、ロックバンド・MUSEのPVとして正式に制作されるんですって。

ちなみに、こうなる経緯になったのは、もちろん鉄拳さんの「振り子」がかなりの高評価だったためです。

放送にみた後、YOUTUBEなどにアップロードされ、
瞬く間に「泣ける!」と話題になります。

その噂が広まり、再生回数もみるみる内に上がってきて、
ついにはパラパラ漫画で使用していた楽曲
「エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)」を作った、
MUSEの耳にも入ったんですね。

で、MUSEは作品を見て
「ボク達の作った音楽がこんな風に深く解釈されるなんて嬉しいことだ」
なんて反応がよかったようで、このようなコラボが実現しました。

公式PVは31日から全世界で配信されることが決定しています。

鉄拳さん、ついに世界デビューですか。

パラパラ漫画をきっかけにだいぶファンが増えたんじゃないでしょうか。
というか、私がその一人ですね。

話題になっているということで、どんなもんかと見てみたんです。
そしてたら…「あぁ、これはすごいわぁ」と感心してしまって、
今ではすっかり鉄拳さんのパラパラ漫画の虜になっちゃってます。

こんなの書いてみたいですよね。

見た人には、涙する人も多いというのもわかります。
1分半のちょっとしたパラパラ漫画ですが、
ストーリー性があるんですよね。

人の生涯が詰め込めれている感じです。
素直な気持ちで見たら、多分泣けます。

まだみていない?そんな人はこちら!

「振り子」

どうでしたか?かなりの大作ではないでしょうか。

何回か見直していくうちに新たな発見もあるんですよねー。

見所はおじいさんが振り子を止めようとするシーン。

不覚にもうるっときてしまいました。

この作品は、60日もかけて作ったそうです。

「振り子」の他にも、何作品かパラパラマンガを書いていて、
私は公開されているのは全部見てますので、
早く新しい作品書いてくれないかなぁと、新作を期待しています。

ちなみに鉄拳さんって、
芸人になる前は外資系企業でバリバリ働いていたそうで、
芸人の今よりも収入がよかったんですって。

なんで、芸人になったんだろーって思っちゃいますね(笑)

これからは芸人としてでなくアーティストとかで活躍できそうですね。

皆さん、鉄拳さんの活動、是非チェックしてみてくださいね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ