渡辺謙が主演「許されざる者」のロケ地は危険?

Sponsored Link



渡辺謙さんの活躍は日本人俳優として、世界進出のパイオニア的存在でしょう!

そんな渡辺謙さんは、現在は日本で映画の撮影中です。

来秋公開予定の映画「許されざる者」に主演しますが、北海道上川町に設置したオープンセットでロケ中とのことです。

しかし、わざわざロケ地に選ばれるくらいですからすごい場所なのだろうと思っていたら、標高は約900メートル、大雪山のふもとにあるロケーションとなり、
すでに降雪も記録するような厳寒の地なんだそうです。

そこに東京ドームの広さを超える広大な範囲に、
オープンセットとなる明治時代の街並みを再現され、
民家や警察署など30軒が建てられました。

ここでの撮影は今月3日からスタート、11月末までの予定になると。

しかし、そこは地元住民によると「ヒグマの通り道」とされる一帯だとか!

ちょうど季節的にヒグマにとっては、冬眠前の冬支度のシーズンになります。

だから出没しやすい時季と重なり、オープンセットの周囲となる、
約10キロもの長さに電気柵を張り巡らされるそうです。

なんでも今年は全国各地で、人里近くでクマの目撃情報が相次ぎますから!

この状況に渡辺謙さんとしては、
あくまでも自分達がお邪魔している立場は承知でも、
やっぱりヒグマには登場してもらいたくないと語りました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ