酒井法子が舞台で生歌披露か?

Sponsored Link



酒井法子さんが女優復帰することは、以前から報じられます。

酒井法子さんの復帰活動は、まず舞台公演からスタート、その詳細が徐々に発表されます。

今回は、12月15日から24日に渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて公演となる「碧空の狂詩曲~お市の方外伝」では、生歌を披露することになるかもしれないと。

もちろん酒井法子さんはアイドルとしてデビューしますから、長らく歌手活動もしました。

95年のヒット曲「碧いうさぎ」では、紅白歌合戦にも出場してます。

くしくも、この曲は事件当時の映像と共に何度も流れ、
酒井法子さんのアイドル時代を知らない若者も、
多くが歌声を耳にしたでしょう。

今回の復帰舞台で主役のお市の方を演じる酒井法子さんは、
「辞世の句」を基にした劇中歌を披露するみたいです。

「さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れと ほととぎす」
というお市の方の辞世の句は、舞台の演出として効果的に使用すると。

そして酒井法子さんが歌を披露するのはラストシーンになる予定、
観客の前で歌うのは4年9ヶ月ぶりのことで、
08年3月にライブイベントに出演して以来になります。

酒井法子さんは脚本と演出を担当する斎藤歩さんに一任したそうで、
どう舞台で魅了するのか、注目されるでしょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ