大槻ケンヂの兄、大槻慎一が死去!悲しみのライブ決行!

Sponsored Link



大槻ケンヂさんは、ロックバンド筋肉少女帯のボーカルとして活躍します。

近年テレビ出演は少ないようですが、筋肉少女帯の初期はフロントマンとしてタレント活動もしていました。

そして大槻ケンヂさんは90年代前半から筋肉少女帯の活動と並行して、文筆業にも進出。

一時は筋肉少女帯を脱退した時期もありましたが復帰し、08年6月には筋肉少女帯デビュー20周年を迎えています。

その大槻ケンヂさんのお兄さんでフリーカメラマンの、
大槻慎一さんが亡くなったとの訃報が流れました。

20日に、千葉の富津岬沖合での水死だったそうです。

大槻慎一さんは、19日に一人でウインドサーフィンへ向かい、
夜になっても帰宅しないことから、奥さんが心配して警察に連絡しました。

そして20日朝、地元漁業者が、
富津岬の先端南側約500メートル沖合で発見したそうです。

大槻慎一さんは現地を何度も訪れ、
ウインドサーフィンの腕前はベテランだとか。

それでも台風21号の影響から波が高く、
潮流の影響を強く受ける場所でした。

大槻ケンヂさんは東京の恵比寿リキッドルームにて、
20日に筋肉少女帯のライブでしたが、
このことには触れなかった模様です。

約1000人のファンを相手に、約20曲を力強い歌声で披露しました。

大槻慎一さんのご冥福をお祈りいたします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ