志村けんが映画「ロラックスおじさんの秘密の種」の舞台あいさつで…。

Sponsored Link



志村けんさんが映画「ロラックスおじさんの秘密の種」の舞台あいさつに登場しました。

志村けんさんは日本語吹き替えをするのも、映画の舞台あいさつをするのも初めてだったそうです。

彼のようなベテランの方でも、初めての経験となる事がまだあるんですね。

初めての舞台あいさつで志村けんさんが、
「ちょっと上がってます」と言っていたのには驚きです。

舞台あいさつが初めてだとしても、
たくさんの人の前でコントをしたりしてきた方でも緊張するんですねー。

志村けんさんはお笑いの舞台はいいけど、映画の舞台はあいさつでは
「何をしたらいいのかわからない」とも言っていました。

そんな吹き替え初体験の志村けんさんに、ベテラン声優の山寺宏一さんは
「志村けんさんのためにある役」というほどに絶賛していました。

実際に映画を見たくなるコメントですよね。
CMを見た感じでも、とても役と声が合ってるように思いました。

62歳で吹き替えや舞台あいさつという初体験をした志村けんさんに、
今後挑戦したい事について質問がありました。

緊張していると言っていましたが、さすがはお笑いの天才。
「子作り」とジョークを飛ばしていました。

子作りの予定はないとも言っていましたが、
志村けんさんの結婚や子作りにも期待したいです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ