フジテレビがYouTubeと提携!その理由とは?

Sponsored Link



フジテレビYouTubeと地上波で放送中の番組を公式に動画をアップすることがわかりました。
つまり提携するこになったわけです。

今では、YouTubeといえば、ネットを利用する多くの人が閲覧しているでしょう。
そして、利用者はなんと8億人以上もいるのです!

無料で動画コンテンツを楽しめるYouTubeですが
番組の違法なアップロードなどが沢山存在します。

テレビ局にとってもこれまであまりいい印象をもっていないはずなのに
ここにきてどうしてGoogleと正式に契約を結んだのでしょうか。

理由はいくつかありますが簡単にいうと
「儲かるシステムが約束されたから」につきますね。

今後、フジテレビには以下のような特典が与えられます。

・再生回数があがるにつれてGoogleから広告収入が支払れる
・違法な動画もすぐに削除、または広告収入化が可能

ユーザーは無料で動画を楽しむことができて、
テレビ局側はきちんと利益が取れるのです。

これなら頑なにテレビだけに固執する理由はありませんよね。

メリットとしては、他には
・どんなユーザーが番組をみているかも詳細にわかり、分析も可能
・ネットに動画を上げることで話題になれば、テレビの視聴率アップにも繋がる可能性がある

以前はフジテレビは、「韓流ごり押し」など報道の私物化をして
国民が激怒し、大規模なデモにまで発展してしまいスポンサーの花王不買活動、
さらに視聴率低下などに繋がってしまいました。

さすがに朝の時間から晩まで流れている時期は
報道に疑問に持ったり、嫌気が差した人が多かったかもしれません。

今回のYouTubeとの契約は将来に向けての
新しいビジネス戦略といってもいいでしょう。

ユーザーにとっても、忙しい人には見たいときに番組、
知りたいニュースを瞬時に見ることができるので、
お互いにとってもメリットは大きいはずです。

「ネットビジネスに正解はない、できることは全部やる」
と方針を掲げたフジテレビですが今後、新しい試みがどこまで通用するのか注目です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ