前田敦子AKB48の卒業は妥協だった?

Sponsored Link



元AKB48の前田敦子さん、卒業公演の話題からまだ間もないことですが、今になって実は卒業は妥協案だった?という噂が流れてるようです。

ある記事にそのことが書いてあったのですが、実は卒業発表までに所属事務所とAKB運営サイドは、前田敦子さんの言い分に頭を抱えていたとか。

前田敦子さんは、AKB48も太田プロも辞めて、自分の力だけでやっていきたいと卒業発表前から思っていたそうです。

それを知った運営サイドや事務所はその独立宣言に困り、
出した答えがAKB48からの卒業だったわけらしいです。

卒業後に心配されるのはスキャンダル報道、そして、
見事に佐藤健さんとのツーショット写真を撮られてしまいました。

卒業した今、恋愛を自由にできる彼女ですが、
それ以降はそのスキャンダルに触れるメディアはいないようです。

やはり、メディア対策は、
所属事務所によって万全の体制をとっているのでしょうか。

ただ、前田敦子さんの本心はこういった事務所の圧力に守られない、
自分だけの力で歩いていきたいというのが本心のようです。

今ある環境をすべてリセットしたいということ。

本人は素晴らしい強い心を持っているようですね。

ただ、本当にそうなると、ゴシップ記事に書きたい放題、
スキャンダル撮られ放題になっちゃうと思うんで、
現実的には色々と大変なのでは?との声も多いみたいですね。

また、あることないことすべて書かれてしまうと、
人気を維持できるのか世間の反応が気になるところです。

ですが、強い心を持った、彼女の今後の活躍に期待ですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ