高嶋政伸と美元の裁判が結審!どうなる?

Sponsored Link



俳優の高嶋政伸さんと美元さん夫妻は現在、離婚裁判中ですよね。

すっかりドロ沼化と表現されますが、解決にはまだ遠い印象です。

19日にも東京家庭裁判所で離婚訴訟が開かれ、裁判は本日をもって結審しました。

しかし今回は高嶋政伸さんと美元さんのどちらも現れず、代理人となる弁護士人が出廷したので、
法廷で顔合わせはありませんでした。

前回の公判は6月1日に法廷で初の直接対決となり、高嶋政伸さんとしては、
「25年の俳優生活をなげうってでも離婚したい」と拒絶発言に対して、
美元さん側は離婚する理由が見つからないと、まったく反対意見に終始しました。

判決は11月9日に下されますが、今回は双方が準備書面を提出しました。

美元さん側の代理人は、高嶋政伸さんの自叙伝「何の因果で」を証拠資料に、
高嶋政伸さん側は、17日に発売された女性週刊誌を、
証拠資料として提出したと伝えられます。

ちなみに高嶋政伸さん側が提出した女性週刊誌には、
美元さんのマンションに出入りする男性の存在のことが報じられるとか。

なんでも裁判の流れとしては判決は知らされないだけで、
実際には結果は決まっているので書面にするだけらしいのです。

しかし、どちらにせよ不服として控訴になる可能性が高いとの予測、
まだまだ裁判は長期化するのでしょうか?

しかし別れたいといっている人を無理やり繋ぎとめるって…。
結婚も色々と大変ですね…。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ