沢尻エリカのヘルタースケルターがロンドン映画祭に!

Sponsored Link



沢尻エリカが主演する「ヘルタースケルター」が、ロンドン映画祭の特別招待作品に選ばれ、「DARE pathway部門」に出品されるようです。

この作品を選出したのはトニー・レインズ氏という人物で、今では有名な、北野武監督やウォン・カーウァイ監督も、この人物によって発掘されたんですね。

DARE pathway部門とは、「攻撃的で、率直で、強烈な印象を残す作品を紹介する部門」とのことです。

簡単に説明すると、「ヘルタースケルター」のインパクトが、
この部門にふさわしい作品だったと評価されたわけです。

興行収入が20億突破と、好調で話題性も抜群の作品ですからね。
納得できます。

最近になってようやく私も映画を観たのですが、
とにかく沢尻エリカの演技力に衝撃を受けました!

ちなみに映画の内容的にカップル、
もしくは女性同士で行くのが懸命かと思います(笑)

観に来ていた人は若い女性が多かった印象があります。

気になる内容はというと、とにかく濡れ場シーンが多いです。

沢尻エリカさんの大胆な裸のシーンなんてのもありますからね。

ただ、ストーリーを説明するのはちょっと難しい映画です。

全身整形の結果を、沢尻エリカさんが体を張って演じているという感じです。
クライマックスが難しい内容でした。

原作はマンガなので、
気になる人は漫画を読んでみてもおもしろいかと思いますよ。

マンガを読んでいない人は、沢尻エリカさんの演技を楽しむといった感じで、
劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ