織田裕二と柳葉敏郎の確執の原因は熱意がありすぎ?

Sponsored Link



織田裕二さんと柳葉敏郎さんの対談が実現しました。

映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の公開を前に、織田裕二さんと柳葉敏郎さんのインタビューが行われました。

織田裕二さんと柳葉敏郎さんと言えば、15年間「踊る大捜査線」で共演していながらも不仲説が取り沙汰されていました。

ネット上でも「織田裕二と柳葉敏郎の確執」などのキーワードが目立ったりしてましたねー。

どちらも演技に対する熱意が強いがゆえに、
ぶつかり合うことが原因で、確執なんて言われたのかも知れませんね。

対談では、作品に対するお二人の想いの強さが感じられました。

織田裕二さんは、柳葉敏郎さんが

「『正しくないことをすれば斬るぞ』というほどの緊張感を持って、
 室井さんでいてくれたおかげで本気でぶつかりあうことができた」

と語っています。

一方の柳葉敏郎さんも

「織田くんの青島という役への情熱が室井を引っ張ってくれた」と言っており、
お互いに刺激となっていた事を明かしています。

シリーズ完結編となる同作品では、
青島と室井の連携プレーが久しぶりに見られるということで、
公開が待ち遠しいですよね。

これで「踊る大捜査線」が終わってしまうことは本当に残念ではありますが、
その残念さを感じさせないぐらいに、
楽しませてくれるのではないかと期待が膨らみます。

映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」は、いよいよ明日7日公開です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ