踊る大捜査線の終了に内田有紀と伊藤淳史ショック!

Sponsored Link



俳優の伊藤淳史さんと、女優の内田有紀さんが、映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」についてインタビューに答えました。

「踊る大捜査線 THE FINAL」は15年間の集大成となる映画ですが、これに出演した伊藤淳史さんと内田有紀さんは、今作で完結することを知らなかったそうです。

伊藤淳史さんの話では最初の台本には「ODR4」と記載されていたらしく、「頑張れば5も6もあるんだろう」と思っていたのだとか。

ところがネットで今作が完結編だと知り、衝撃を受けたそうです。

内田有紀さんも伊藤淳史さんと同じくネットでその事実を知ったため、
「心の準備がゼロだった」と語っていました。

完結編だと知っているのと知らないのでは思い入れも変わってくるでしょうから、
役者としては知っておきたかったのではないでしょうか?

また次があると期待をしていたのに「次はない」と知ると、
ショックも大きかったでしょうね。

「踊る大捜査線」は大人気シリーズですから、
終わってしまうことに寂しさを感じるのは、
出演者だけでなくファンも同じかと思います。

インタビューで伊藤淳史さんは、
スピンオフを作って欲しいと直訴したというエピソードも明かしてくれました。

ところが残念ながら「鼻で笑われた」という結果だったそうです。

完結編となる今回の映画はどのようになっているのでしょう。
7日に公開される「踊る大捜査線 THE FINAL」、楽しみですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ