AKB48の組閣(2012)の理由・真相は?

Sponsored Link



AKB48は、不動のエース前田敦子さんが卒業を終え、一つの大きな区切りを迎えましたね~

そしてAKB48念願の初東京ドーム公演にて、大胆なチーム再編成を発表されたことも話題になりましたね。

そのなかでも、海外移籍に関するものが、一番意外性のある発表だったのではないでしょうか?

プロデューサーの秋元康さんによると、
海外留学制度の意味があるそうですが、
現段階で期間は半年から一年を予定するとのことです。

組閣の内容ですが、まず発足したばかりの、若手メンバーによるチーム4が廃止。

移籍発表は二期生の宮澤佐江さん、
七期生の鈴木まりやさんが中国上海のSNH48へ。

三期生の仲川遥香さん、六期生の高城亜樹さんは、
インドネシアのJKT48へ移籍予定。

あくまでも本人の希望からの移籍らしいのですが、
ただ三期生の多田愛佳さんはHKT48移籍というのもあり、
少々不思議な印象は受けるという声が多いようですね。

どうしても指原莉乃さんがHKT48へ移籍した意味が薄まり、
もしかしたら表面化してないだけで、
同様な理由で移籍になるのではと当初から囁かれました。

しかし、鈴木まりやさんと仲川遥香さんは、
自ら海外移籍を志願したのは事実らしく、
他のメンバーは、ファンの間で噂されたことが事実ではないかと、
発売中の週刊誌で報じられ始めたそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ