松本幸四郎、市川染五郎の最悪の事態を覚悟!

Sponsored Link



歌舞伎俳優の松本幸四郎さんが、息子である市川染五郎さんが舞台から転落した時の状況について語りました。

市川染五郎さんの意識がハッキリしているという事で、松本幸四郎さんも安心したという報道がありましたが、事故現場は壮絶なものだったようです。

市川染五郎さんが転落した際には、大きな音がして、
驚いて駆け寄った松本幸四郎さんは、血を出している市川染五郎さんを見て「覚悟を決めざるを得なかった」と言っていました。

3メートルも転落した市川染五郎さんは、額や鼻、口から出血しており、
事故現場は騒然となっていたのだとか。

そんな状態にありながらも市川染五郎さんは、
無意識に手足を動かして舞い続けていたそうです。

市川染五郎さんは右側頭部と右半身打撲に加え、
右手首が骨折していると判明しましたが、事故現場からすると、
もっと大事故となっていてもおかしくなかったような雰囲気だったみたいですね。

3メートルの高さから転落するということ自体が、
多くの人にはあまりイメージの湧かないことではないでしょうか?

頭を強打したという情報もありましたが、幸い脳波に異常は見られないとの事です。

松本幸四郎さんが市川染五郎さんを見舞った際、「父さんだよ」と声をかけると、
市川染五郎さんは「すいません」と答えたそうです。

舞台に穴をあけてしまったことをまず詫びる市川染五郎さんの姿勢に、
役者魂を感じさせられますね。

市川染五郎さんが舞台に復帰される日を心待ちにしています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ