前田敦子の卒業の理由(真実)は?

Sponsored Link



AKB48の前田敦子さん、とうとう卒業することになりましたね。

先日27日に行われた、AK劇場の様子はテレビでも生放送されましたから、多くのファンがその最後を目にしたでしょう。

大事なところでCMが入ったりして、「放送事故だ」と、ネットで早速話題になったりもしていましたが。

これからは主に女優として第二の人生を歩み、芸能界で活躍していくようです。

これまでAKBで不動のセンターとして活躍していた人材ということで、
前田敦子さんの今度の活躍を期待している人も多いでしょう。

それはファンだけでなく、AKBの運営関係者も注目しているようです。

前田敦子さんは、卒業する理由について以前にこんなことを語っていました。

「後輩のためにも、私が卒業して前に進んでいかなければいけない」

この言葉には、新しいトップを作り出すことと、
前田敦子さん自身が、後輩の為に芸能界で生きていくための見本になること
という2つの意味が込められているそうです。

前田敦子さんは、最初から最後までAKB48として
第一線を突っ走ってきた主要メンバーです。

元AKBとして活動しているタレントなどはもちろんいますが、
運営関係者が説明する「AKBの出口」ではありません。

前田敦子さんの場合、今回の卒業によって、
トップとしてあり続けてきた人ですから、
きちんとしたAKBの出口から外に出たということになります。

ですからその分期待も大きく、
本人も相当プレッシャーを感じているはずです。

AKBは芸能界の入り口であって
卒業したらその後の歩む道がまだ確立されていない状態です。

今後前田敦子さんが見本となることができれば、
後輩達が自分の将来のビジョンを描きやすくなるでしょうし、
これからも頑張ってほしいですね。

今後は演技のスクールに通ったり、ニューヨークに留学したいとか。

もう既に映画やドラマの出演依頼が来ているそうですよ。
卒業して、恋も解禁とのことなので、
今後はそっちの方もマスコミは注目でしょうね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ