美元が怖い…

Sponsored Link



美元さんが怖いって声が多いですね…。
離婚裁判で泥沼化している、モデルの美元さんと俳優の高嶋政伸さんですが、美元さんの所属事務所であるスタッフアップは、解雇することを決定しました。

この解雇劇は所属事務所側の一方的な言い渡しではなく、美元さんと話し合いの末、土曜日に結論が出たというものです。

事務所側としては、解雇に至らない方法も考慮したと言います。

解雇の理由としては、対外的には美元さんはフリーになった方が、
仕事の幅が広がるのではないかと考えたと語っていますが、
実際は、俳優である高嶋政伸さんに配慮した結果ではないかと見られています。

美元さんは、夫婦喧嘩の音声を事前に録音しておくなど、
計画的な一面が批判の対象となっているのが現状で、
中には「異常だ」「なぜ離婚に応じてやらない」などと過激な投稿も見受けられます。

一般的にはこの離婚劇は美元さんの味方は少ないのですが、裁判となると話は別です。

美元さんはTBSの「ひるおび」に出演し、
涙を流しながら「これ以上傷つく人がいなくなると良いと思う」と心の内を語っていましたが、
お涙ちょうだいのポーズであると見る向きが多いようです。

夫にあれほどまでに拒否され、殺されるかと思ったと思われているのに、
法廷で会えてうれしかったなどの発言に、美元さんに対して「怖い」という感想を持つ視聴者が多かったことは、
ネットでの書き込みからもわかります。

見かたよっては高嶋政伸さんのストーカーの様でもある美元さんの言動は、
やはり常軌を逸しているとしか思えず、美元さんの目的はやはり高額な慰謝料なのでは、と疑問に思えます。

今に至るまで、この離婚劇について高嶋政伸さん側からはあまり発言はなく、
私たち視聴者は美元さんの一方的な主張だけを見てきたように思いますが、
その結果が美元さんが悪者になっているというのも皮肉な話です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ