崖の上のポニョの都市伝説

Sponsored Link



「崖の上のポニョ」に怖い都市伝説があるとのことで、それについて書いていきたいと思います。

崖の上のポニョといえば、あの有名なスタジオジブリの作品ですね。

宮崎駿さんが監督を務め、2008年に公開され、大ヒットとなりました。

この崖の上のポニョは、人間になりたいと思っている魚の子「ポニョ」と、宗介というひとりの少年の物語で、とても感動的なストーリーとなっております。

また、映画の本編以外にも、とても可愛らしい歌が大ヒットし、
一時は日本中で「崖の上のポニョ」が話題になっておりましたね。

さて、そんな素敵な映画に、実はとても暗い都市伝説があるそうなのです。

多少映画の内容について書いていきますので、
まだ見てなくて、これから見る予定の人は、
先に映画を見てから都市伝説を読むことをオススメいたします。

それでは、ここから崖の上のポニョの都市伝説について書きます。

この映画の都市伝説自体は、細かいものも挙げれば結構ありますが、
実際に、多くの人に伝わっている伝説として、

「水没後の世界は、死後の世界(天国)である」

というものが有名です。

映画で大津波が来たことにより水没するシーンがありますが、
その後、描かれている世界は、天国なのでは?
という声がかなり多いそうです。

理由として、
最後に「あの世もいいわね」と言ってる人がいる。
水の中で息をしている。
歩けなかったはずの老人が歩いている。

などの理由が見られました。

この都市伝説以外にも、崖の上のポニョのには、
落ちてくる月、ポニョのトンネルへの反応、古代魚、
その他いろんな場面に関して、何かしらのメッセージでは?
と捉える人が多いようです。

映画は個人の主観で解釈も異なるでしょうが、
あなたは崖の上のポニョに、どのような印象をもったでしょうか?

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ