小樽水族館のアザラシの脱走と野生トドの募集の件!

Sponsored Link



小樽水族館アザラシ(トド?)が脱走したという件がかなり話題になっております。

その内容なんですが、どうやら、小樽水族館からアザラシが脱走したが、その後無事戻ってきたというもの。

しかもただ戻って来たんじゃなくて、妊娠していて、旦那さんも連れていたんだとか(笑)

これについては、他に詳細が分からないので、
詳しいことはこれ以上分からないのですが、
他にも、ひとつ面白い話題がありました!

それが、小樽水族館が「トド募集」という看板を立てたところ、
毎年野生のトドが水族館にやってくるというものです。

そんなバカな!って思ってたら、
どうやら本当のようで、かなりビックリしました。

小樽水族館のスタッフによると、
海獣公園の近くの海には、トド(野生)がいるという事で、
「ここには野生のトドがいますよ」
というのを伝えるために、「トド募集」の看板を立てたそうで、
もちろん当初は本当に野生のトドがやって来るなんて、
全然考えてなかったそうです!(当たり前ですが)

おそらくトドは文字が読めないと思うので、
看板の「トド募集」を読んでから着てるわけではないと思うのですが、
一体なぜこのようなことが起こるんでしょう?

もしかして文字読めたりして(笑)
それかトドの間で口コミになってるとか??

いずれにしても不思議な現象ですねー^^

小樽水族館に行ったら、是非ともその看板を見てみてくださいね。

あ、ちなみに看板の画像はこちら。

面白い看板ですよね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. かずえ より:

    以前、小樽水族館に行った時、
    数年前の冬に流氷に乗ってやってきたトドが、
    あの崖(おたる水族館は海に面していて断崖絶壁に見えます)を越えて
    トドのプール(?)に入ってきたそうです。
    朝飼育員の方が一匹増えていてびっくりしたそうで、
    また数年後一匹増えて、その新しいトドがショーで
    覚えたての芸をしているのを見て、
    野生で生活していてもなかなか大変なんだろうけど、
    ここでの暮らしも芸を覚えたり、愛想ふらなきゃいけなかったりで、
    トドの社会も大変なんだなーーーと思いました。
    そして実際トドのショーはトドより
    飼育員のお兄さんが遠投でイワシを正確にトドの口元に投げている姿の
    方が目に止まりました。

    この記事を見て思わずトドの事を思い出しコメントしてしまいました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ