高樹澪と病気。

Sponsored Link



今回は、高樹澪(たかきみお)さんについて書いていきます。

高樹澪さんといえば、「スチュワーデス物語」や「HOTEL」などで活躍した女優さんとして有名ですね。

もともと銀行で働いていて、退職し、芸能人のマネージャーを目指し面接を受けたところ、その場でスカウトされたような形で芸能界に入ったという経歴を持つ高樹澪さん。

そんな彼女ですが、2003年頃に病気にかかってしまいました。

病名は「片側顔面痙攣」というあまり聞きなれないもの。
片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)という病気は、
その名の通り、顔の片方が痙攣を起こすという病気です。

顔の神経が血管と触れることにより引き起こされる症状で、、
神経系の異常の病気とされています。

高齢(40代より上)の女性に多い病気だそうですが、
稀に幼児にも起こることがあるそうです。

高樹澪さんは、そんな病気にかかってしまい、
治療に専念するために、一時芸能活動休止を発表しました。

その後、バイトなどをしながら生計を立て、
実家で治療を兼ねて療養生活をしていたそうですね。

高樹澪さんは、病気を治すために手術を行う必要があったそうですが、
結構な危険を伴う手術だったため、迷っていたそうです。

そんなときに、ファンなどからの手紙を読み、
励まされて、手術を受けることに!
その後、リハビリなどを経て、病気は治ったそうです。

現在は病気の影響もなく、完全に芸能界に復帰した高樹澪さん。
本当に病気が治って良かったですね!
おめでとうございます。

病気をして、色んな苦難を乗り越え、
精神的にもタフになったであろう高樹澪さんの、
今後の活躍に期待ですねー^^

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ