EURO2012イタリアが8強入り

Sponsored Link



EURO2012の話題です。

グループCですが、スペインが危なげなく首位で決勝トーナメントへ。
イタリアに1-1で引き分けた以外は、クロアチアとアイルランドには勝って1抜けです。

そして、イタリアはスペインとクロアチアに引き分けたことで、
EURO2012の決勝進出が危ぶまれましたが、
なんとかアイルランドに勝利し2位で無事8強入りが決まりました。

イタリアはいつもEUROではハラハラさせられるのですが、
最後にはなんとか決勝トーナメントに漕ぎ着けます。

アイルランド戦では、途中で3バックから4バックに変更したことが災いして、
試合の流れを掴むことが出来なくなるというハラハラする場面がありました。

しかしそこはイタリアで、負けなかった大きな理由がGKのブッフォンの守備でした。
でも、守備に助けられて負けなかったのでは、ERUO2012で勝ち残っていくことは不可能でしょう。

ERUO2012の決勝トーナメントを前に、イタリアにはいくつかの課題が見つかりました。

イタリアはアイルランドから奪った2ゴールはどちらもCKからの得点で、
前半35分頃ピルロのCKをカッサーノがヘディングシュートして1ゴール、
後半の試合終了直前にバロテッリのCKはボレーシュートが決まり2-0でそのまま試合終了です。

ところで、このEUROには不吉なジンクスがあるのをご存知ですか。

優勝国が経済危機に瀕するというもので、ギリシャしかり、スペインしかりです。

そのジンクス通りだとすると、EURO2012の優勝国は財政が逼迫しているイタリアだと言う事になるようで、
イタリアにとってはあまりありがたくない予言です。

しかしながら、サッカーで優勝することがイタリア人にとって経済危機より優先するとジョークを言う人もいるくらい、
朝から昨日の試合についてテレビ番組内で激論が交わされています。

これからのEURO2012が目が離せないですねー。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スポーツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ