成宮寛貴が「相棒」で甲斐亨(かいとおる)役!視聴率はどうなる?

Sponsored Link



成宮寛貴さんが、テレビ朝日系の人気刑事ドラマ「相棒」シリーズに登場することは以前に報じられていましたが、ようやく詳細が伝えられました。

成宮寛貴さんは、水谷豊さんが演じる「杉下右京」の、まさに3代目相棒役にキャスティング。

10月から放送されるシーズン11では、甲斐亨(かい・とおる)役で登場します。

甲斐亨は大学卒業時に採用試験を受けて警察官になり、
所轄署の交番勤務を長らく努めます。

ずっと凶悪犯罪を追う刑事を希望し、刑事に純粋な憧れを抱き続けている、
熱いハートの持ち主という設定らしいです。
で、最初は交番勤務だった甲斐ですが、念願が叶い、刑事課の特捜一家に…。
という流れだそうですね。

しかし、甲斐亨役は、なぜ特命係に配属になり、
冷静沈着であり頭脳明晰の杉下右京の相棒になぜ抜擢されることになったのか、
ドラマの進行と共に明かされる模様。

3月まで放送の相棒シーズン10では、
相棒だった神戸尊役の及川光博さんがシリーズから卒業。

全19話の平均視聴率が16.6%、及川光博さんが卒業した最終回は、
シーズン最高、そして相棒シリーズの最終回としては過去最高となる、
視聴率20.5%を記録と、ドラマ相棒は高い人気を誇ります。

また劇場版もヒット映画ですから、成宮寛貴さんが加わることで、
新たなる相棒ワールドがどんな展開を繰り広げるのか、
きっと楽しみな視聴者は多いでしょう!
視聴率がどうなるかも少し気なるところですねー!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ