踊る大捜査線の終了理由!織田裕二の反応は?

Sponsored Link



織田裕二さんが主演を務める人気シリーズ「踊る大捜査線」が終止符を打つようです。

青島刑事としてこれまで数々の事件に立ち向かってきた織田裕二さん。

今や、俳優としての彼の、代名詞のようなシリーズでもあります。

「生涯青島としてシリーズを続けていけたら」

なんて意気込んでいたそうでそのショックも大きいようです。

シリーズが終わることを知らされ、
「まさか今回で終わりだなんて・・・」と口にしていたとのこと。

映画もドラマもヒットした作品であるのに、
なぜ今回で終わりなの?と疑問に思う人も多いでしょう。

踊る大捜査線の生みの親である亀山千広さんが、
その理由をインタビューで明かしてくれました。

記者:終止符を打った理由は?

→リアリティを追求した結果、今回で終わりにしたい。

『踊るシリーズは15年も及んだ人気シリーズであり、思い入れもあります。
 もちろんフィクションですが、キャラクター設定や役職には、
 リアリティを追求することをモットーに撮影が始まりました。
 15年間、所轄で同じメンバーが居続けるというのは現実にはありえないこと、
 今はオリジナルキャラクターのいかりやさんも欠けて、
 今は青島が後輩を育てる立場です。なので一番いい形で幕を引きたかった。』

と話しました。

和久さんが欠けた今は、続編をやるとしたら、
新・踊るシリーズを作らなければいけない。
作るのであれば中途半端に終わるものは作りたくない。

それほど、リアリティを大切にしていたのでしょう。
さらにインタビューは続きます。

記者:いつから終わることは決めていたのか?

「映画の3作目の制作時にすでに決めていた」

このときは青島も係長に昇進しており、湾岸署も引越していた、
という設定だったので、以前から終わりを考えていたそうです。

笑いあり、感動あり、恋愛あり、と年齢問わず楽しめた作品だけに
非常に残念ですが、復活はありえるのでしょうか?

それに対してちょっと期待させるような意味深な事もいっていたそうです。

「俺を信じてくれ!続編を作らせてくれ!」とすべてを任せたくなるような
 青島みたいな部下が現れれば、任せるかも。
 周りを巻き込むほどの熱い気持ちをもったプロデューサーがいたら、
 この先どうなるかわかりません。」

とのことです。

『踊る大捜査線 THE MOVIE FINAL 新たなる希望』は、
9月7日から公開されますので、ぜひ足を運んでみてはいかがですか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ