韓国が銅メダル剥奪で日本が3位?独島パフォーマンスが五輪憲章違反か?

Sponsored Link




韓国銅メダル剥奪か?という衝撃の噂が入ってきました。

本日(8月11日)に行われた、ロンドンオリンピック男子サッカーで、
韓国が日本に2-0で勝利し、見事、銅メダルを獲得しましたね。

大変残念な結果に終わり、この件は終了したかに思えました…。

それがなーんと!!

試合終了後に、韓国の選手が「独島は私たちの地」と書いた紙を広げ、
政治的なパフォーマンスを行ったことが、
オリンピックの憲章である「五輪憲章」違反しているのでは?
という声があがり、メダル剥奪もありえるかもと話題になっております。

もしも独島パフォーマンスが五輪憲章違反となり、
銅メダル剥奪となれば、繰上げで、
日本に銅メダルが渡ることになると思うのですが、
正直、そんなんで銅メダルって言われても、
選手も日本国民もみんな微妙ですよね。

ただ、この韓国の独島問題に関して、ネット上では

「ざまぁ」
「あんなパフォーマンスするからだ」
「スポーツマンとしてふさわしくない、剥奪だね」
「日本銅メダルおめでとう!」
「これで韓国の選手の兵役免除は取り消し」

などなど、今回の件で銅メダルが剥奪されること願う声が多いです。

確かにスポーツマンとして、全力で戦った相手に対して失礼ですし、
このようなことは絶対に許されないと思います。

さて、今回の件が具体的に、五輪憲章のどの項目に違反するのか?

それは五輪憲章61「宣伝と広告」の項目の一部です。
抜粋して要約するとこのような感じです。

「いかなる種類のパフォーマンスも、
 政治的・宗教的、人種的は宣伝は認めない」

まさに今回の韓国の「独島は私たちの地」
と書いた紙を全世界のカメラに向けて発信する行為は、
完全にさきほどの五輪憲章に違反しているものと思われます。

具体的にIOC(協会)がどのような判断を下すかは不明ですが、
事実をしっかりと認識した上で、最善の判断をしてほしいですね。

せっかくのオリンピックに、
このような微妙な雰囲気が流れることになって残念です。
と同時に、今後の韓国に対するIOCの行動に注目ですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ