大飯原発再稼動、正式に決定

Sponsored Link



福井県知事にその決断を一任していた、
おおい町にある関西電力の大飯原発の再稼動について、
福井県知事が再稼動について了承したのを受け、
政府は本日、正式に大飯原発再稼動を決定しました。

このニュースに、
首相官邸前で大飯原発再稼動に反対する人たちが、雨の中激しく抗議しています。

日本中の原発が点検等のために全て停止している中、
大飯原発は再稼動第一号となるわけです。

実は、関西電力では電力需要ピークに向けての再稼動を申請していましたが、
大飯原発を今再稼動しても、電力を供給できるフル稼働までは3週間かかるため、
7月下旬までまたなければなりません。

再稼動反対派や脱原発のデモ、住民の不安は完全に無視した形での大飯原発の再稼動ですが、
必要時期に間に合わせることも出来ず、結果として誰も満足できない形での再稼動となります。

大飯原発再稼動に向けての本格的な作業が開始されますが、
まず原発1基を稼働させるわけですが、
フル稼働は7月の最初の週になると見られ、続く1基が再稼動するスケジュールとなります。

結果として大飯原発2基がフル稼働するのは7月4週以降ということになるわけで、
最も電力需要が高まる時期には間に合わないわけですが、
政府は夏の電力需給安定のためには再稼動させるしかないとしています。

大飯原発再稼動については、大阪市も反対していましたが、
その理由は事故が起きた際には大阪、京都、滋賀などが非難区域に入る可能性が高いからなのです。

細野豪志原発事故担当相は、
大飯原発に関わりが深いと思われる地域の関西広域連合を2回にわたって訪問し、
説得を続けてようやく今日の再稼動にこぎつけた模様です。

国民の経済的安定と国民の安全を不安を天秤にかけ、
安全と不安よりも経済的安定を選択した総理に、
地元住民や脱原発、原発再稼動反対団体の非難が集中しそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ