ペルセウス座流星群(2012年)時間・方角

Sponsored Link



ペルセウス座流星群(2012)が、これから見ごろを迎えるということで賑わっておりますね。

ということで、ペルセウス座流星群(2012年)の、観察に適した時間や、方角などについて書いていきますね。

ただ、その前にそもそもペルセウス座流星群を知らない人もいるかと思うので、簡単にですが、ペルセウス座流星群について説明をしておきます。

ペルセウス座流星群とは、大体7月の末頃がら8月の15~20日頃にかけて現れる、かなり大規模な流星群です。
しし座流星群などが有名ですが、ペルセウスもかなり見ごたえがありますね。

ペルセウス座付近が放射点とされていることから、
このような名前がついているようですね。

実際のペルセウス座流星群の動画があります。
こちらです。(クリックすると動画が流れます)

すごく綺麗で神秘的ですよね。

是非とも自分の目で実際に見て、感動してほしいと思います。
なので、最大限に流星群を観測できるように、
オススメの時間や方角などについての情報を書いていきます。
ただ、天気にも左右されますが、それは運任せですからね。

さて、ペルセウス座流星群(2012年)をもっとも観測しやすいのは、
8月12日だそうです。
時間帯ですが、午後9時から翌日(13日)の明け方にかけてだそうです。

観察する場所としては、やはり暗いところが望ましいですが、
周りが比較的明るい市街地などでも、
天気がよければ流星群を観測できるとのこと。

さて、天体ショーということで、方角なども気にされる方も多いですが、
今回のペルセウス座流星群において、方角は関係ありません。
できるだけ空が広く見えるところ、というのが重要です。

さて、少しピークの時間帯に関しても書いておきますね。

ペルセウス座流星群のもっともすごいとされるピークは、
おそらく8月12日の21時から前後30分ほどだそうです。

夜中といわれる時間に突入すると共に、
月の出になりますので、その前の時間帯などがいいでしょう。
ただ、今回は月は大きく欠けているので、
ペルセウス座流星群観測にさほど影響も与えないとのことですが、
やはり最大限に楽しみたいなら、ピーク時間を狙うべきです。

実際に自分の住んでいる地域の天気予報の確認も忘れずにね。

ピーク時以外でも、もちろん流星群は観測できるので、
期間中は空を見てみてくださいね。
望遠鏡などはいらず、肉眼で確認できますので^^

いやぁ楽しみですねー!
あとはピークの時間に、天気が良いことを祈りましょう。
あと、願いごとめっちゃ唱えましょうね(笑)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 イベント

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ