小原日登美 夫・小原康司さんとの軌跡。【画像】

Sponsored Link



小原日登美さんがロンドンオリンピックで活躍しております。

小原日登美さんは、女子レスリングの48キロ級の代表選手です。

以前、小原康司さん:画像下記)と苦境を乗り越えて、念願の五輪出場という記事などで注目されましたが、そんな小原日登美さんが、女子レスリング48キロの準決勝で、北京オリンピックの金メダリストのキャロル選手に勝って、決勝進出を決めました!

素晴らしいですね!このままの勢いで絶対金メダルを獲得してほしいですね。

小原日登美さんは五輪には初出場らしく、
今回のオリンピック出場までには、色々な苦難があったそうです。
それをずっと支えてくれたのが夫の存在とのこと。

ということで、小原日登美さんと、夫について少し書いてみたいと思います。

実は小原日登美さん、最初はレスリング48キロではなく、
51キロ級という階級だったそうです。
1999年には、51キロ級で日本選手権優勝。
翌年、アジア世界選手権でも優勝するなど、目覚しい活躍を見せてました。

その後、ケガ(ひざ)などの理由から一時休養。
リハビリを終えて、3年後に復帰しました。

その後も世界選手権などで優勝、連覇するなど、
凄まじい活躍だったのですが、なぜ今回がオリンピック初出場なのでしょうか?

実は北京オリンピックには、51キロ級という階級がなく、
出場するためには、階級を落とすか、もしくは上げるかしないといけなくなります。

そこで、小原日登美さんは、北京オリンピックに、
55キロ級で出場することを目指すのですが、
そこにはあの吉田選手がいたんですね。
で、吉田さんと対戦し負け、吉田選手が代表になり、
小原日登美さんの北京出場はなくなりました。

さて、その後2008年に現役を引退することになった小原日登美さん。

引退したあとは、妹で、レスリングの48キロ級選手である、
坂本真喜子さんのコーチをしてたそうです。
しかし、真喜子さんが結婚したことを機に現役を引退。
それを受けて、小原日登美さんはなんと現役復帰すること決めます。

のサポートなどもあって、猛烈な練習を繰り返し、
見事ロンドンオリンピックの出場を果たしました。
しかもメダル獲得ですから、本当にすごいですね。

小原日登美さんの夫は小原日登美さんと同じ自衛官だそうです。
夫も元々レスリングの選手なんですね。
名前は小原康司さんというそうです。
小原日登美さんと夫、小原康司さんの幸せそうな2ショット画像はこちら↓

夫と2人で掴んだ夢のオリンピック、
絶対に金メダルを獲得してほしいと思います!
頑張ってください!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ