益若つばさの離婚(2012)の危機はネイルしてて家事をしないから?

Sponsored Link



益若つばささんは人気モデルとして活躍中ですが、2007年に結婚し、男の子を出産していて「ギャルママ」としても有名です。

ところが、自身のブログにネイル写真を掲載したところ
「そんな爪で家事をしているのか」といった声が挙がって話題になっています。

さらに、夫との離婚の原因は、家事をしないからでは?などの書き込みも複数見られます。

話題になったのは7月23日に掲載されたブログ。

「NEWネイルだよん♪」と薔薇やカメオ、
パールを入れた爪の写真をアップしていました。

足もお揃いで洋服のコーディネートに合った色をチョイス!
と自慢のネイルを披露。

色鮮やかでありながら落ちついた印象もありますが、

それをみたネットユーザーは「その爪で家事ができるの?」といった声が殺到。

この意見に対して、益若さんはツイッターで「ネイル=家事できないはもう古いよ。
それに不衛生と思う考えの人はネイルをしなければいいだけの話。」と反論。

これがきっかけで今「ネイルをしたまま家事は果たしてできるのか」
がネットやツイッターで議論されています。

一般的な声としてはやっぱりネイルしたままの爪で
作った料理は食べたくないという意見が多いです。

さすがに、米を研いでいる姿を
想像すると食べたくはないかも。

ネイリストからの意見にとしては
「今は昔と比べてコーティングがしっかりしているから家事をしていて爪がとれることはない」
「むしろ普通の爪よりも割れたりする心配がないから家事がしやすい」
といった声があります。

現役のギャルママにも益若さんを支持する意見が多く
「益若さんのネイルはかなり控えめだから家事に問題はない」
「家事だけでなくおしゃれを忘れないのがギャルママ」

といった声も。

益若さんの場合はネイル=お仕事にも直結してますからねぇ。
雑誌で特集を組むこともありますからおしゃれを辞めるってことは難しいですし
本人も母として度を越えない程度におしゃれを楽しんでいると私は感じられます。

職業がモデルなだけあって一般人とは違った価値観をもっているでしょうし
そこまで議論される内容でもないかもしれませんがやっぱり一番は「偏見」ですかね。

何もしていない手=清潔というイメージが払拭されないかぎり
この議論も答えがでないのでは?と思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ