大原麗子の死因について

Sponsored Link



大原麗子さんと言えば、映画「男はつらいよ」などに出演していたイメージが強いですね。

それ以外にも沢山の映画やドラマに出演し、当時は好感度1位の女優として、注目のまとだったそうです。

そんな大人気女優だった大原麗子さんは、2009年の8月に、自宅で亡くなっているのが発見されました。

死因はギランバレー症候群と言われていますが、
医者の診断では、脳内出血が死因とされたようです。

大原麗子さんは1975年にギランバレー症候群という、
神経に関係する病気を発症しました。
その後乳がんにもなってしまい、手術を受けています。

大原麗子さん、一旦治ったかに思えたギランバレー症候群でしたが、
数年後に再発し、芸能活動を休止しなければいけなくなりました。

ギランバレー症候群の再発は大変珍しいそうで、
大原麗子さんは実はこの病気の再発はしておらず、
強い思い込みによる影響ではないか、
との見方もあるそうですね。

彼女が自宅で亡くなっているのが発見されたのは、
死亡推定時刻から3日経ってからだそうです。
つまり大原麗子さんは孤独死という形だったんですね。

この事実を知ったときは、とても悲しくなりました。

本日、そんな大原麗子さんの人生を、ドラマ化して放送する、
というニュースが報道されました。

このドラマは、秋ごろにテレビ東京系列で放送される予定だそうで、
大原麗子さんの壮絶な人生が明らかになるそうです。

気になるから見たいですが、
どこかで見るのが怖い気持ちがありますね。

この世では、壮絶な人生だった大原麗子さん。
天国で幸せにされていることを願います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ