妖怪人間ベムの映画化決定!

Sponsored Link



昨年、日テレで放送され大人気となったドラマ「妖怪人間ベム」が映画になって帰ってきます。

テレビ版の妖怪人間ベムは、
人気アイドルグループKAT-TUNの亀梨和也さんが主演ということで、
当初変身シーンなどが予告で流れた時はファンならずとも驚きました。

イケメンアイドルが昆虫のような妖怪に変身するのですから、当然でしょう。

妖怪人間ベムは1960年代のアニメですが、
絵柄が怖いと当時の子供たちの間では賛否両論でした。

実験室で偶然生まれた3つの有機体が人の心を持って、
人間に嫌われつつも人間を助け旅をするというものでした。

妖怪人間ベムに関しては実写版は無理だろうといわれていただけに、
アイドル亀梨さんで実現し、さらに今回は映画化も決定しているというのですから、
すごいですね。時代の流れでしょうか。

映画版の妖怪人間ベムは、
ドラマ版と同じキャストで撮影され、公開は12月を予定しています。

妖怪人間ベムは亀梨さん、ベラは杏さん、
そしてベロは人気子役の鈴木福君で、
この三人のチームワークはドラマ撮影当初から良好だったようです。

ドラマ版の最終回では、
妖怪人間ベム・ベラ・ベロがどうなったのか謎に包まれていましたが、
映画版ではその後放浪の旅に出たのか、
あるいは放浪の旅を続ける日々の一葉として描かれるのか、まだわかりません。

この妖怪人間ベムは完全なる「善」として存在し、
善と悪が混在する人間とは相容れない部分があるのです。

テレビ版妖怪人間ベムでは、
不覚にも涙する部分も多く、切ないストーリー展開が話題を呼びました。

それだけに映画にかける期待も大きいのでは

楽しみですねー。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:映画

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ