デヴィ夫人の大津の件、魚拓に履歴が!ついに訴訟。

Sponsored Link



デヴィ夫人が、大津いじめ事件で当時中学2年生の生徒が自殺したことに関して、ブログで記事を書いた件で訴訟を起こされるそうです。

そのときのブログ記事に、「大津いじめの加害者はこの人達です!」と実名&写真(画像)付きで掲載してしまいました。

今はそのブログ記事は修正されているそうですが、魚拓などにとられていて、
現在でもまだ確認することが出来るみたいですね。

さて、その大津いじめの記事ですが、
もちろん、加害者とされる人の実名および写真を掲載することは、
あまり良い行為とは言えないかも知れません。

ですが、今回の訴訟は、加害者情報を載せたことではなく、
デヴィ夫人が加害者とした女性が、
なんと、全く大津いじめの件とは無関係である、
ということが原因になってるんですね。

まぁ厳密に言うと、その女性だけでなく、
別の男性も全くいじめ事件とは無関係だったそうです。

私も実際にデヴィ夫人のブログを見ましたが(魚拓ではなく当時)
こんなにはっきり書いて大丈夫か?
誤報だったらどうするんだろう、という印象は持ちました。

まさか本当に誤報だとは…。

今回訴訟を起こすと発表したのは、
デヴィ夫人に、ブログで「大津いじめの主犯の母親」
と、画像付きで紹介された女性です。

全くの無関係の女性は、自分が加害者の関係者として書かれたことに怒り、
謝罪と損害賠償を求めたらしいですが、
デヴィ夫人はそれに応じなかったため、
訴訟を起こすという流れになったそうです。

今回はデヴィ夫人がやっちゃいましたね、完全に。

一度発信してしまった情報は、魚拓などにとられ、
なかなか完全に消えるということはなさそうですね。
被害者となった女性のためにも、デヴィ夫人ブログの魚拓などもなくなるのが、
本当は一番いいのですが…。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ