原発再稼動問題どうなる!?

Sponsored Link



日本中の原発が稼動を停止している今、
再稼動を巡って賛否両論の嵐です。

渦中となっているのが、
福井県おおい町の関西電力管轄の大飯原発ですが、
先日野田総理が再稼動の意思を表明しましたが、

これに対して社民党などが中心になって反論するしました。
ですが、野田総理の意思は変わらない様子ですね。

大飯原発再稼動をきっかけに、
日本全国で脱原発デモが展開されています。

「国民生活を守るために、総理の責任において再稼動する」ことに対し、
有事の際にはどのように責任が取れるというのか、
という国民の安全を度外視した決定に対する純粋な怒りです。

福島原発の事故がまだ終わっていない今、
なんの責任も果たしていない状況で、
大飯原発を再稼動するのは、あまりにも無謀とする意見はもっともだと思います。

その反面、原発があって地域の活性化があるため、
被爆国日本でも、原発再稼動に関しては意見が割れるところでしょう。

ところで、当のおおい町は大飯原発再稼動についてどう思っているのでしょうか。

おおい町長は関電の原子力安全専門委員会の報告書を元に精査し、
結論を14日か15日に出すとのことです。

安全は確保といわれても、
福島原発もそもそも稼動自体安全だったのに、
想定外の津波被害で炉心溶融まで起こってしまったわけです。

そして多くの県民が被爆し、
今尚周辺地域に人が住めない事態に陥っているのです。

東北電力の女川原発も、あと80cm津波の高さが高ければ、
福島原発と同じ被害に遭っていたという専門家の意見もあるようで、
原発は想定外の事態に対しては全く安全ではないのです。

放射能汚染は、今の科学では人類が対処できないものであることを考えれば、
再稼動どころか、全ての原発を廃炉するのが妥当ではないかと思われます。

あとはそれに替わる何かしらの代替案が必要になってくるんでしょうけど、
それが難しいところですね…。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ