高嶋政伸と美元の離婚裁判がカオスな件…

Sponsored Link



俳優の高嶋政伸さんと美元さんの離婚裁判はさらに長引き、年内解決は難しいのではないかと。

原因は、前回の裁判が影響するようです。

裁判では、事前に重要な証拠は書面で提示の必要があるのに、美元さん側の弁護士としては、高嶋政伸さん側に予告なしの重要証言が多かったと主張。

それを報道でも大々的に取り上げられたことに、
今度は美元さん側としては反証(違うという証明)する必要があると。

だけど、その書類作成が期日に間に合わず、
結審は9月に延期になるらしいのです。

そして高嶋政伸さん側の予告なしの重要証言について明言は避けたようですが、
あくまでも印象ですが、美元さんは自分のしたこと(下記参照)で、
高嶋政伸さんが脅威に感じると理解してなかったとしか思えないのですが…

それから美元さんは相変わらず離婚に応じないのは、
高嶋政伸さんが抗うつ効果の薬などを常用し、
正常な判断ではないからと理由にするそうですが、
一般的には美元さんの方が正常な判断ができてない…と思われてるでしょうね。

例えば、高嶋政伸さんの行き先を突き止めては、
撮影中でも突然押し掛けたり、生ごみを玄関前に放置したり…

美元さんとしては指摘されるまで、
きっと悪いことだと思ってないからこその言動でしょうね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます(^^)/

Sponsored Link


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ